ストーリーがなければ始まらない  世の中スケッチ Vol. 11

ストーリーがなければ始まらない

フィギュアスケートの世界一を決めるグランプリファイナルのテレビ中継にすっかり魅了されてしまいました。ひとりひとりの演技には、それぞれ物語(ストーリー)があって、高度なジャンプやステップに加えて、頭から指先にいたるまで身体全体の動きと顔の表情で物語の主人公の心情を表現しています。まるでミュージカルの舞台を見るようです。かっては国際試合となると日本の選手に肩入れして声援を送っていたのに、この日ばかりはだれかれとなく演技が終わるたびにブラボー!と拍手をしてしまいました。各選手が繰り広げるストーリーに引き込まれ、少なからず感動を覚えたからです。
史上初の4連覇を飾った羽生結弦選手の演技では、男子特有の力強さを覆うほどの美しさが表現されていました。世界最高の演技に圧倒されると同時にある感慨に浸りました。男子でさえも美しさを表現する時代になったのだな、と。フィギュアスケートは昔と比べて、はるかに進化してきていると実感しました。

この記事に関連するメンバー

 mg 1281 4
Shuji Hirose
inquiries