クライアントニーズの把握とターゲットの明確化

B to B PR はどんなことをしているのですか?

 私たちは主にクライアント企業・団体の広報ご担当者様のパートナーとして、情報や課題、目的を共有し、誰に、いつ、何を、どのように伝えるかといったコミュニケーション戦略を考え、実行しています。「メディアに掲載されたい!」、「他社との差別化を図りたい!」、「(自社の)社会貢献を世の中に理解してほしい!」など、クライアントによってPR活動を行う目的はさまざまです。私たちはクライアントのニーズに沿ってPRするネタやポイント、切り口を整理しつつ、どうすれば一番効果的に伝えたい相手に伝えることができるかというソリューションを提案、最適な手法を実行します。とりわけB to Bの企業様ですと、伝えたい相手は“社会”というよりも、顧客企業の○○担当といった非常に細かくセグメントされた相手だったりするケースもありますので、マスコミでも業界紙とのリレーション構築がより重要であったり、あるいはセミナーの開催や展示会への出展を通じてダイレクトにコミュニケーションを図ることが最適だったりもします。

PR業務において、気を付けていることや心がけていることはありますか?

 常に意識的に気を付けていることが2つあります。ひとつは、「クライアントのニーズをしっかりと捉えること」。こんなことを言っては怒られるかもしれませんが(笑)、これは“クライアントの要望を鵜呑みにしない”ということかも知れません。クライアントの要望が出た背景やクライアント側の事情までをしっかりとキャッチアップしていないと、全くお門違いの施策を提案してしまいかねません。クライアントが何を望んでいるのかをしっかりと捉え、それをPRの領域でどこまでサポートできるか、この擦り合わせが非常に大事だと思っています。もうひとつは、「ターゲットを明確化すること」です。これだけメディアや個人の生活が多様化している社会を相手にPR活動を行っていくには、消費行動や媒体との接触率が異なるターゲットをきちんと明確にし、それぞれに即したPRを行っていかなければなりません。そのために、世の中の流行り廃りといったトレンドは常に追えるようにアンテナを張っています(笑)。

どんなお客様を想定されていますか?

ひと口にPRといっても概念が広く、組織を取り巻く全てのステークホルダーとの良好な関係づくりがPRですので、広報担当者がいないからといってPRを全くしていない会社は世の中にはないと思っています。ですが、それこそ“経営課題”として、「社会への認知を上げたい」と思っているお客様がいらっしゃれば、PRのプロ集団である私たちが必ずお役に立てると思います。

この記事に関連するメンバー

%e6%9c%a8%e5%b9%a1
Yuki Kohata
inquiries